品川から発信するコンサルティング型お片づけ収納サポート
中高生ママ /アラフォー/ アラフィフ/ハンドメイド好きママ/
自分で片づけができるようになる暮らしの仕組み作りをお伝えします

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:10:00〜17:00 定休日: 祝

 
  1. ブログ
  2. リモートワーク環境作りのちょっとした工夫
 

リモートワーク環境作りのちょっとした工夫

昨年の緊急事態宣言から在宅ワークに切り替わった方も多くいらっしゃるかと思います。

私も週3日、企業に勤めており在宅で仕事をしています。

昨年から完全にフルリモートの会社になりました。

夫は最初は在宅勤務をしていましたが、最近は近くのサテライトオフィスに行っております。

徒歩で行ける距離ですので、乗り物に乗る必要がないという点では安心です。

 

在宅勤務をしている方は、昨年の緊急事態宣言の時は、しばらく間だからととりあえずな環境で我慢した方もいるのではないでしょうか。

夫も小さな座卓にノートパソコンを広げて、あぐらをかいて一日仕事をしていました。

これが毎日続くと腰も痛くなりますよね。

外部モニターもなく小さなノートパソコンの画面では仕事の効率も下がります。

 

仕事用の机の購入も考えましたが、この先どうなるのか分からない状況でしたので、すぐに家具を購入するのは最前ではないと思い見送り、結局サテライトオフィスが使えることになり購入しなくて良かったと思っています。

 

きっと、とりあえずお手頃な物でいいからと机など購入した方もいることでしょう。

リフォームをした方もいらっしゃるかもしれませんね。

すぐに家具を購入する前に、家にあるものでできることはないか工夫してみるのもお家の中を見直すきっかけになります。

 

今日は私が実践している在宅勤務のオンとオフを切り替えのスイッチの方法をご紹介します。

ほんのちょっとしたことなんですけどね。



私は、リビングのダイニングテーブルで仕事をしています。

テーブルって、普段は食事をしたり子供とおしゃべりをしたりするリラックスする場所なんです。

同じ場所で仕事となるとなかなか気持ちの切り替えが難しいと思います。


我が家は都内のマンションで、とても狭く仕事専用のスペースを取ることができません。

 

スペースがない!という方、仕事をする時にオンのスイッチを入れたい方にオススメなのは

目線の先の景色を変えることです

たったこれだけなんです。

 

例えば、テーブルの向きを変えて、部屋の真ん中の照明の下へ移動します。

そうすると、座った先の景色は、窓だけになりキッチンなど生活に関する情報はほぼ入ってきません。



たったこれだけのことで気分はかなり変わりますよ。

 

日差しが強すぎる時は、子供部屋の娘の学習机を借りることもあります。

家が狭くてもノマドのように家の中を移動しながら仕事をするのも一つの工夫ですね。

まずは、目線の先の景色をいつもと変えてみてはいかがでしょうか?

 

お片づけに関するご相談、ちょっと聞きたいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。お片づけ相談は30分無料です。

「自分で片づけができるようになる」

コンサルティング型お片づけサポートサービス


 090-1427-7532 受付時間:10:00〜17:00/定休日:祝


 東京都品川区西五反田  事務所概要はこちら