品川から発信するコンサルティング型お片づけ収納サポート
中高生ママ /アラフォー/ アラフィフ/ハンドメイド好きママ/
自分で片づけができるようになる暮らしの仕組み作りをお伝えします

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:10:00〜17:00 定休日: 祝

 
  1. ブログ
  2. 【SDGs】暮らしの中にSDGsを取り入れるために学んでいます
 

【SDGs】暮らしの中にSDGsを取り入れるために学んでいます


エコバッグやマイボトルが当たり前となり、ペットボトルやレジ袋削減については

日常の中でかなり意識が高まっていますね。

暮らしの中ではどうでしょうか。

我が家の収納用品はプラスチック製のものがほとんどです。

皆さんのご自宅はどうですか?

プラスチック製の物はどのくらいありますか?


例えば、我が家の場合はクローゼット内にある衣装ケース、ハンガー、キッチンには食器やお弁当箱を入れている100円ショップのカゴ、ゴミ箱、ビニール袋などがあります。

 

特に水を使うキッチン収納は、汚れたら水拭きができて強度もあるプラスチックのカゴや収納はとても便利です。

コスパが良いのも魅力的ですよね。

 

資源ゴミを分別したりペットボトルの飲み物はなるべく買わないようにしたり、ゴミを減らすためにリシクルショップを利用したり、

なんとなくエコを意識するようになりました。


でも、具体的にその行動がどのように環境に影響していくのか、いまいち分かりませんでした。

 

そこで、昨年から品川区を中心に活動しているSDGsの協働プロジェクト「コレクティブアクション」に賛同しています。

世界や地域がより良い場所となり様々な問題が解決に向かうように地域から行動を起こしていくという活動と学びの場です。



SDGsという言葉は、最近よく耳にしますよね。こちらの図もよく目にするようになりました。


SDGsとは、この先の世界がより良くなるために2030年までに世界中の人が協力して解決したい目標のことです。

国連サミットで決められた世界共通の課題です。

 

この世界共通の目標は17個あります。

2030年までに一人一人がこれらの目標を達成するために意識した生活をしていくことが大切とされています。


なぜ、SDGsを学ぶのか?

SDGsの項目は、それぞれが複雑に絡みあっていて、世界情勢や経済と深く関係しています。

普段の生活の中で、SDGsを意識した生活を送るためには、単にエコや節約などになんとなく取り組むのではなく、

正しい情報や経済なども学んで因果関係を知ることにより、その理由を知った上で暮らした方がより心が豊かになると思ったからです。


Irodori Houseは、コレクティブ・アクションのフォーラムで継続して学んでいます。

これを皆さんにシェアしたり、お片づけサポートにSDGsを取り入れていきたいと思っています。


プラスチック製の収納用品を使わないということではなく、やはりプラ製品が便利であることは間違いありません。
プラ製品を選んで使うには、深い知識が必要です。
まずは、学ぶことがSDGsの入り口となります。

私たちの子供世代に残す地域と地球のために、今後継続して持続可能な暮らしへの取り組みをお伝えしていきます。


「自分で片づけができるようになる」

コンサルティング型お片づけサポートサービス


 090-1427-7532 受付時間:10:00〜17:00/定休日:祝


 東京都品川区西五反田  事務所概要はこちら