品川から発信するコンサルティング型お片づけ収納サポート
中高生ママ /アラフォー/ アラフィフ/ハンドメイド好きママ/
自分で片づけができるようになる暮らしの仕組み作りをお伝えします

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:10:00〜17:00 定休日: 祝

 
  1. ブログ
  2. 学校から持ち帰った子どもの荷物の片づけ
 

学校から持ち帰った子どもの荷物の片づけ

昨年のコロナの影響で、子どもたちの冬休みが短縮になっている学校もあるのではないでしょうか。

子供たちはお正月気分もそこそこって感じがします。

 

学校から持ち帰った荷物や教科書、書き初めなどリビングに置きっぱなしだったり、

散らかったままになっているご家庭もあるのではないでしょうか。



リビングに子供の学校の物が置きっぱなしになっていると、掃除の時に邪魔になったりして

なんだか落ち着かないですよね。


子供たちに「片づけなさい」と言ってもなかなか片づけてくれないでしょう。

 

それは、学校から持ち帰った物を一時的に置く場所がないので、子供たちもどこに

片づけたら良いのか分からないので、片づけられないのは当然ですね。

 

やはり、物の住所を決めることが大事です。

でも収納する場所がない、収納する棚がないという方がほとんどだと思います。

 

リビングなど共有スペースに散乱している物は、数日経つと、それが景色となってしまい、

自分の物という認識も薄くなります。

だからついついそのままになってしますのです。

 

子どもの物は子どものスペースにまとめることが大事です

子供部屋や収納家具がなくても、ランドセルやカバンと一緒にまとめて置くだけでも大丈夫です。


我が家の中学生の次女は、とりあえずダンボールに入れて、机の近くに置いています。

冬休みの間だけですので、見た目はいまいちですがダンボールで十分です。

 

自分のスペースに自分の物をまとめて置くと、子どもも自分の物と認識します。

きちんと片づけられるようになるわけではありませんが、

自分の物と家族の物と混在させないで、人別に分けることから始めると良いと思います。

 

そして、一時的で良いので、置く場所を決めておくといいですね。

「片づけなさい」ではなく、「自分の物は自分の場所に置こうね」という

声かけの方が具体的で伝わりやすいと思います。



「自分で片づけができるようになる」

コンサルティング型お片づけサポートサービス


 090-1427-7532 受付時間:10:00〜17:00/定休日:祝


 東京都品川区西五反田  事務所概要はこちら