品川から発信するコンサルティング型お片づけ収納サポート
中高生ママ /アラフォー/ アラフィフ/ハンドメイド好きママ/
自分で片づけができるようになる暮らしの仕組み作りをお伝えします

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:10:00〜17:00 定休日: 祝

 
  1. ブログ
  2. 4 モノの場所を何度も聞かれてイライラしている方へ
 

4 モノの場所を何度も聞かれてイライラしている方へ

世界中がこれまで経験したことのない状況に陥り、

学校は休校、仕事はリモートワーク推奨になりました。

 

皆さんもこの週末はご家族とおうちで過ごしていたと思います。

 

皆さんは家でどのような時間を過ごしましたか?

 

家族で仲良く食卓を囲みましたか?

一人暮らしの方は、オンラインでで友人とおしゃべりを

楽しんだのでしょうか?

 

それとも、

なんだか家の中がギクシャクして、ケンカになったりした方も

いるかもしれません。



このような事態になり、家の中を片づけておくことで

改善できることがあります。



例えば、家族に、

「ばんそうこうはどこ?」

「ホッチキスはどこ?」

「石けんがなくなったんだけど」

 

いちいちモノのありかを聞かれて、

イラっとしたことはありませんか?



「確か3番目の引き出しだよ」と答え、

「3番目ってどこだよ」と返され、

結局、探していたホッチキスを出してあげる。

 

聞かれるたびに、夕食を作っていた手を止めたり、

または赤ちゃんを抱っこして寝かしつけてて困ったり。

 

一日中、モノのありかを聞かれてうんざりします。



家族がモノの場所を把握して、

自分で出して自分でしまってくれるだけでも

ママはかなり楽になります。

 

家族も自分の家のモノの場所を把握していると

使いたいときにすぐに出せるので楽です。

 

このストレスを解消するには、

家族の誰もがもとに戻せる仕組みを作ります。

 

それを使う人が使いやすい場所に

モノを収納するということです。

 

では、どこに収納したらいいのか。

 

使う本人に聞くのがいちばん手っ取り早い方法です。

 

パパさんが使う爪切りは、パパさんがどこで爪を切るのか、

どこにあったら元の場所に戻してくれるのか?



使う人に聞いてみましょう。



ご自分のモノについても同じです。

例えば、キッチン。

フライ返しは、どこに置いたら出してしまいやすいですか?



見えない収納が好きだから、引出しに入れたい、と思っても

面倒くさがりな方は、出しっ放しの方がいいかもしれませんね。

自分に聞いてみるのです。

いろいろ試してみると良いと思います。



在宅時間が多くなったので、一気に片づけたいと思っている方も

いるかもしれませんが、まずは小スペースから始めて、

文房具や日用品など、引き出し一つからトライするといいですよ。

 

ご家族と相談しながら、モノの住所を決めてみましょう。



【今日できる片づけポイント】

郵便物や、DMなど、住所氏名を消してから処分をおすすめします。

家庭用のシュレッターなどは、一度に何枚も処理できないので、

面倒になり、積み重ねたまま放置している方もいると思います。

名前を消せるスタンプを使って、すぐに処分すると一瞬で終わりますよ。

100円ショップで売っています。

今は、外出自粛なので、油性ペンで代用できますよ。

「自分で片づけができるようになる」

コンサルティング型お片づけサポートサービス


 090-1427-7532 受付時間:10:00〜17:00/定休日:祝


 東京都品川区西五反田  事務所概要はこちら